太ろうチャンネル

ビール酵母について知ろう

ビール酵母はビールを醸造する時に使用する酵母菌のひとつで、大きさは0.01mmほどしかありません。ビールにはアルコール・糖分・プリン体などが多く含まれていますが、ビール酵母には糖分がほとんど含まれていないので低カロリーです。酵母菌の細胞壁や細胞内には、食物繊維・ビタミン・必須アミノ酸・ミネラルなどが豊富に含まれています。栄養価が非常に豊富で、ダイエットや美容に高い効果があると言われています。

ビール酵母はビールを飲んでも効率的に摂取することができませんが、サプリメントを飲むことで取り入れることができます。食物繊維が豊富に含まれているビール酵母には腸内環境を整えることで乳酸菌などの善玉菌を増やす働きがあるので、胃腸が弱い方が体力をつける目的でサプリメントを飲むケースもあります。

太れる秘密は栄養の吸収率

ビール酵母と食品を一緒に摂取することで栄養の吸収率が高まることで、痩せている方が正常な体重を取り戻すのに役立つ可能性があります。ビール酵母には、必須アミノ酸・ビタミンB群・各種のミネラルが豊富に含まれています。これらの成分は胃腸の働きを活発にして栄養の吸収率を高める作用があるので、胃腸が弱くて痩せている方や妊娠中の貧血などに悩む方におすすめです。ビール酵母には腸内環境を整えて善玉菌を増やす働きもあるので、栄養の吸収率を上げると言われています。

胃腸が弱くて適正体重に満たない方であれば、ビール酵母を飲んで胃腸の調子を整えて栄養の吸収率を高めつつ食事の量や回数を増やすことができるでしょう。胃腸が弱い方であれば、腸内フローラを整えるために、ビール酵母を飲み続けることもできます。

理想的な体型になるために

ビール酵母は栄養の吸収率を高める作用があるので、胃腸が弱いなどの理由で痩せている方が体重を増やすのに役立ちます。ビール酵母には腸内フローラを整えて乳酸菌を増やし、クロストリジウムなどの悪玉菌を減らす働きがあります。このため肥満体質の方であれば、ビール酵母を摂取することで肥満になりにくくなる可能性があります。マウスを使った実験では、酵母菌の細胞壁には肥満を防ぐ効果があることが判明しています。

ビール酵母に含まれる成分には痩せている人は体重を増やし、逆に肥満の人が太りにくくする働きを持つことが分かっています。すなわち、理想的で健康的な体系にしてくれることが期待できます。痩せている方がビール酵母を摂取することで標準体重まで太ることができますが、肥満になるという副作用がある訳ではありません。

ユウキの太る方法研究ノートというサイトでブロガーさんが実践されているように、ビール酵母以外にも健康的な体型をサポートしてくれるサプリメントはいろいろあります。ガリガリ体型で困っている人はそういったサプリも検討してみるのがいいでしょう。